商品情報にスキップ
1 9

Jewelry Plant online

【超希少品種】 ソテツ エンセファラルトス ミドルバーゲンシス 【現品】 白アンティーク調鉢

【超希少品種】 ソテツ エンセファラルトス ミドルバーゲンシス 【現品】 白アンティーク調鉢

通常価格 ¥142,500(税込)
通常価格 SALE価格 ¥142,500(税込)
SALE SOLD OUT

在庫残り1点

詳細を表示する

とっても珍しいエンセファラルトス ミドルバーゲンシスは南アフリカ原産のソテツです。
ワシントン条約1種に指定されており、流通量が少ない非常に希少な品種です。
ブルーグレーの葉色の美しさはソテツ科の中でもトップクラス!
羽のような細い葉が印象的で、繊細な姿がとても美しいです。

ソテツとは漢字で『蘇鉄』と書きます。枯れかかったときに鉄クギを打ち込むと蘇るという伝承に由来しています。

~織田信長も愛したソテツ~
時は戦国時代。
ソテツは大変珍しがられ、天下統一を果たした織田信長も羨望の的に!
お寺に植えてあったソテツを安土城へ移植させてしまったほどです。
もともと日本原産のソテツは、昔からお金持ちの象徴として認識され、
財力のある大名の家ではソテツを庭に植えることがステータスになっていた、という話もあります。
信長さんもソテツのかっこいい風貌を気に入ったんでしょうね。

 ~どんなお部屋にも似合うソテツ~
和風なお家にはもちろん似合いますが、
ヤシに似ているので洋風なお家にもピッタリ!
古くは室町時代から日本人に親しまれてきたさうです。

 ~名前の由来~
名前の由来は漢字の通り「鉄で蘇る」。
言い伝えを実行してソテツに釘を打ち込んだりしないでくださいね( *´艸`)
そういった伝承が残るほど長~い間愛されてきた植物なんです!
お正月におせちやお雑煮を食べながらソテツを眺めて、ソテツと暮らして、
歴史ある日本を感じて欲しいです♪


~ソテツとの付き合い方~

1年で数センチしか伸びない、成長がゆっくりなソテツ。
じっくりゆっくり長ーく付き合えるんです♪
お世話も簡単で、陰・日光・乾燥に強くインドアグリーンとして楽しむことが出来ます。屋外も勿論OK。

葉も幹もしっかりした元気なやんちゃソテツをお届けします(^^)/

 

商品情報
特徴・花言葉 とっても珍しいエンセファラルトス ミドルバーゲンシスは南アフリカ原産のソテツです。
ワシントン条約1種に指定されており、流通量が少ない非常に希少な品種です。
ブルーグレーの葉色の美しさはソテツ科の中でもトップクラス!
羽のような細い葉が印象的で、繊細な姿がとても美しいです。

ソテツ科オニソテツ属。和名「オニソテツ(鬼蘇鉄)」とも呼ばれます。
花言葉…『雄々しい』
巨大なソテツの木が風に揺れる様子から、『雄々しい』という勇ましさと力強さを感じさせられる花言葉がついたとされています。
置き場所 悪い気が溜まりやすい部屋の隅に効果的です。東側に置くと仕事運アップ!南西側は家族運アップと言われています。なによりグリーンがあるとお部屋のアクセントとしてもおしゃれでかっこいいです。
オフィスやテナントにもピッタリ!オフィスの中央などシンボルツリーとしてもおすすめです!
育て方 強い光を好むため、日当たりの良いところで育てます。日向を非常に好みます。
日に当てると葉が独特の青みを帯びた色合いになるため、積極的に日に当てましょう。
室内で育てる場合は、日当たりのよい窓辺に置いてください。
耐陰性はありますが、日光が不足すると、葉が薄く細長く、背丈も細長く徒長してしまいます。
寒さにもある程度耐えますが、冬は日の当たる温かい部屋で生育するのがおすすめです。

水はけの良い土を好みます。
冬場の管理を考えると、鉢による栽培が望ましいです。
多少乾燥が強くても枯れませんが、過湿、特に根の過湿には非常に弱いです。
水の与えすぎに注意し、春夏秋の気温が高い時期は土が乾いたらしっかり水をやってください。夏場でも毎日やる必要はありません。
晩秋、冬は、水やりは月1~2回以下で十分です。
過度な水やりは根腐れの原因になりますので土の渇き具合をしっかり見極めてあげましょう。
大きさ 高さ約83~93cmくらい
葉幅:約35~45cmくらい
※植物によってそれぞれ大きさ、葉つき、長さ、色味など変わりまにすのでご了承ください。
素材:合成樹脂(ファイバー入り)
軽い素材で移動にも便利です。 重厚感のあるアンティークな風合いが観葉植物にピッタリ!
お洒落で高級感のある白鉢です。 陶器に比べ非常に軽く、割れにくい素材です。
直植え。底穴あり。受皿付き。
鉢の大きさ:上部φ34cm・高さ45cm
送料 ●送料無料
※下記のご住所へのお届は、追加で送料がかかります。
北海道・沖縄県へ+500円